コミュニティ・スクール

コミュニティ・スクールについて

 「コミュニティ・スクール」とは、学校運営に地域のみなさんが参画するもので、「地域に開かれた信頼される学校づくり」の推進役として期待されています。具体的には、保護者や地域のみなさん、有識者や教職員などのメンバーで「学校運営協議会」という組織をつくり、そこでの意見を学校運営に反映させるものです。

 本市が目指す「コミュニティ・スクール」の姿は、学校の重点目標の実現に向け、学校・家庭・地域がそれぞれの役割を果たしつつ三者の知恵と力を結集する、地域にふさわしい「みんなで関わり、みんなで作る学校」です。

 福津市では、平成23年度までに市内の小中学校(10校)を「コミュニティ・スクール」に指定することとしており、平成19年9月に神興東小学校が第一番目の「コミュニティ・スクール」としてスタートしました。

 神興東小学校では、地域の意見を踏まえた教育活動を展開したり、地域の力を借りて、学習支援、運動会や文化祭の企画運営、アンビシャス広場(放課後の子どもたちの居場所づくり)、登下校時の安全対策(みまもり隊)などの活動を行ったりしています。


 平成23年6月29日をもって、すべての小中学校が「コミュニティ・スクール」として動き出しました。            

広報ふくつ(平成26年2月1日号)の特集記事

広報ふくつ(平成25年2月15日号)の特集記事

広報ふくつ(平成24年3月1日号)の特集記事

広報ふくつ(平成22年8月1日号)の特集記事

福津市のコミュニティ・スクールについて

福津市のコミュニティ・スクールのあゆみ

コミュニティ・スクール推進事業

学校関係者評価について

                                                                 

 

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。