学校

1.福津市教育支援センター「ひだまり」の概要

(1)

名称

福津市教育支援センター「ひだまり」

(2)

所在地

〒811-3304 福津市津屋崎1丁目11-30
TEL・FAX 0940-52-1325

(3)

スタッフ

センター長1名 指導員2名

(4)

教室数

学習室:1 プレイルーム:1

(5)

設置年月日

平成17年9月26日

 

2.福津市教育支援センターとは

  学校に行きたいんだけど行けない。どうもなじめない。さまざまな理由で学校に行けない子どもたちがいます。

 そんな子どもたちが安心して自分を出せる心の居場所になるところ、そして学び合い、かかわり合うなかで「学校に行ってみようかな」という自信と自立を育むところとして、教育委員会では、教育支援センター「ひだまり」を開設しています。

 ここでは教科の学習やいろいろな体験活動などを行います。その中で子どもたちに、大きく次の二つの力を育みます。

  • 人やものごととふれ合う中で身に付く周りの人との接し方やかかわり方
  • ドリルや学習プリントに繰り返し取り組む中で身に付く国語や算数(数学)などの基礎的な学力


 指導・支援にあたっては、在籍校、保護者、さらには他の専門機関と連絡をこまめにとりながらすすめていきます。

 子どもたちが自信と勇気を持ち、結果として、学校に行くことができるよう指導・支援していきたいと考えています。

 

3.開設について

 開設日は基本的に学校と同じです。

 月曜日から金曜日までの5日間、午前8時30分から午後5時の間はスタッフが常駐しています。活動時間は、午前10時25分から

 午後2時30分までですが、本人が一番来やすい時に来て、少しずつ規則的な生活に近づけていくようにします。

 なお、通級日数は在籍する学校への「出席日数」としてカウントされます。

 

4.具体的な活動内容

1国語や算数(数学)の学習 2体験活動等

 

ふだんは、次のような日課表にそって学習、生活します。

 

8:30~10:00

通室、自主活動

10:00~10:25

朝の活動

10:25~12:00

学習・活動(1)

12:00~13:30

昼休み

13:30~14:30

学習・活動(2)

14:30~14:45

掃除、帰りの活動

 

 朝の活動は、あいさつや健康観察、一日の生活予定の確認等を行います。

 学習は2回に分けて行います。基本的には、学校で使う教科書やドリルを使って子ども一人ひとりのペースや状況に応じて進めます。

 また、運動したり絵を描いたりといった活動も行います。

 最後は、掃除。協力して使ったところをきれいにします。そして帰りの活動で、一日の出来事をふりかえって感想を紹介し

 合います。

   いつ、どのような体験をするかについては、月ごとに計画を出してお知らせしています。

 

5.指導者について

 ふだんの教室生活においては、指導員が学習や生活の指導・支援にあたります。

   また、必要に応じて、地域の方などをお呼びして指導していただくこともあります。

 これらの指導者と保護者、在籍する学校、そして教育委員会が定期的、あるいは必要に応じて連絡、

 相談をこまかく行いながら、一人ひとりの子どもたちの自立につながるよう指導・支援していきます。

 

6.手続きについて

保護者から学校に入室願を提出していただきます。入室願は各学校にあります。

 

入室までの大きな流れは次の通りです。

1.保護者から学校に入室の申し込みをします。

 申し込みはいつでも受け付けます。
 申し込みの前に、教室の見学もできます。また2週間の体験入室もできます。

 

2.学校は、教育委員会に入室の申し込みをします。

 学校と教育支援センターとで情報交換をします。

 

3.教育委員会は、在籍する学校の校長及び保護者に対して入室を認める通知を出します。

 学校からの申し込みを受けて学校・教育支援センター・教育委員会で入室について協議します。
 必要に応じて保護者等の面談も行います。
 入室を認める通知は、学校及び保護者に行います。

 

4.復帰、退室する場合は、在籍する学校の校長に通知します。

 

5.通室状況については、在籍する学校の校長に報告します。