ページの先頭です

ホームマル勝 コミュニティ・スクール

学校の取り組み

 勝浦小学校では、福岡県・福津市の基本施策に則り、「学力向上の取組み」「いじめの未然防止と早期発見・対応の取組み」を教職員一丸となって推進しております。

 また、勝浦地域の豊かな自然と人材を生かした「米作り・野菜作り体験」、古くから伝わる「獅子楽」「人形浄瑠璃」などの伝統芸能の継承と発展にも取り組んでいます。

学力向上の取組み

短期目標『「問い」を見出し、「交流」しながら考えを深める子どもの育成』をめざし、次の4点を取組んでいく。

① 学び合いを位置付けた中学校区授業スタイルの日常化により、思考・判断・表現力の向上を図る。

② 家庭学習がんばり週間で再度、「家庭学習の手引き」を活用し自主学習の例を提示する。

③ 少人数のよさを生かした、習得の徹底と「学級づくり」の充実を図る。

④ 指導主事を招聘し学力向上の研修会を行い、授業改善と朝活動の見直しを図る。

■中学校区授業スタイルの日常化

■家庭学習がんばり週間(家庭学習の手引きの活用)

■学習規律・用具の徹底

■少人数による習得の徹底と学級づくりの充実

■学力テスト結果説明(学校だより・Web)

いじめ防止の取組み

いじめの未然防止、早期発見、早期対応の取組みとして、勝浦小学校では「勝浦小学校いじめ防止基本方針」を策定し、方針に基づき、「毎月初めの児童いじめアンケート」「毎学期初めの児童学校生活アンケート」「毎学期初めの児童教育相談週間」「保護者いじめアンケート」を実施し、いじめ問題対策委員会で実態把握と早期対応に取組んでいます。また、スクールカウンセラー(SC)やスクールソーシャルワーカー(SSW)、スクールサポーター(SS)、教育委員会、警察等との連携や連絡協議会を行い、課題解決を図ります。

■いじめ防止基本方針2020

特色ある教育活動の推進

勝浦小学校には学校田があります。高学年児童は、毎年春から種もみを育て、田植えをし、秋には稲刈りを行い、冬になると収穫したもち米で全校もちつき大会を行います。また、勝浦地域には、古くから伝わる伝統芸能「獅子楽」と「人形浄瑠璃」が今も息づいています。「獅子楽」は3年生から6年生までの児童が総合的な学習の時間で学習を深め、運動会や市の行事でその成果を発表します。「人形浄瑠璃」は3・4年生児童が総合的な学習の時間で学習を深め、秋のマル勝まつりや郷育カレッジなどでその成果を発表します。

■稲刈り

■獅子楽

■人形浄瑠璃